ピクテファンドの種類 ピクテグローバルインカム株式ファンド稼ぐ投資術

ピクテインカム株式ファンドについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテインカム株式ファンドとは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテインカム株式ファンドの特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
  を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
  分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテインカム株式ファンドが投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテインカム株式ファンドは好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテインカム株式ファンドは、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム投資信託をみてみよう

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム投資信託とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム投資信託の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム投資信託が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム投資信託は好不況の波の影響が少ないことが利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム投資信託は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテスルガについて ピクテスルガについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテスルガの『ピクテ』とは『ピクテ投信投資顧問株式会社』のことで、ピクテスルガの『スルガ』とは静岡県沼津市に本店を置く地方銀行『スルガ銀行』のことです。

つまり、ピクテスルガとは、ピクテ投信投資顧問株式会社運用の、スルガ銀行で扱っている投資信託のことになります。

このスルガ銀行は、今までに様々なユニークな営業戦略を展開してきており、しばしば地方銀行業界の異端児といわれます。

スルガ銀行が扱うピクテの投資信託、ピクテスルガには『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』と『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3カ月決算型)』の2種類があります。

このピクテスルガの一つ『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』は、主に世界の高配当利回りの公益株(電力、ガス、水道、電話、通信、運輸等を提供する公益企業が発行する株式)を主な投資対象とする、追加型株式投資信託/ファンド・オブ・ファンズで、特定の銘柄や国に集中せず分散投資をします。

もう一つの『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3カ月決算型)』は、世界のプレミアム・ブランド企業の株式を主な投資対象とする追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)で、特定の銘柄、国、通貨に集中せず、分散投資をします。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

新ピクテ世界インカム株式ファンドとは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

新ピクテ世界インカム株式ファンドとは、世界各国の公益株(電力、ガス、水道、通信、運輸、廃棄物処理、石油供給など)を主要投資対象とし、配当利回りの比較的高い公益株への投資により、株価上昇による長期的な収益獲得を狙う投資信託のことで、正式名称を『新光ピクテ世界インカム株式ファンド(毎月決算型)』と言います。

新ピクテ世界インカム株式ファンドの投資比率約70%の『グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド』は一定の範囲内で新興国にも投資し、また投資比率約30%の『ピクテ・グローバル公益株ファンド』は先進国のみに投資します。

新ピクテ世界インカム株式ファンドは、上記2つのファンドで構成される国際株式日本含むグローバル型の追加型株式投信(ファンド・オブ・ファンズ)です。

新ピクテ世界インカム株式ファンドは、毎月15日に決算を行い、毎年6月と12月の決算時には、運用動向や基準価額水準等を考慮し、ファンドの評価益等も含めて分配を行なうことを目標とします。

新ピクテ世界インカム株式ファンドは、投資信託証券への投資には制限はなく、投資信託証券および短期金融商品以外には投資しません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテ投信投資ファンドについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテ投信投資ファンドは、正式名称を『ピクテ投信投資顧問株式会社』と言います。

ピクテ投信投資ファンドは多くのファンドを取り扱っており、その歴史は1805年、スイス・ジュネーブで設立されたプライベート・バンクから始まります。

ピクテ投信投資ファンドの資産運用サービスは、「アクティブ運用」「組織的運用」「リスク管理」を運用哲学の基本とし、投資家のニーズにきめ細かく対応、ピクテ投信投資ファンドならではの柔軟な発想によるサービスを提供します。

ピクテ投信投資ファンドは、会社訪問を重視した調査に基づく企業のファンダメンタルズ分析によるボトム・アップの手法で運用ます。

投資調査では、ピクテ投信投資ファンドの投資アナリストやポートフォリオ・マネージャーが独自に調査して銘柄評価をしている他、各業界、学会の専門家からなるアドバイザリー・ボードを設け、技術・業界動向を専門家の視点からアドバイスを受けています。

ピクテ投信投資ファンドが張り巡らせた資産管理(カストディ)網は、世界80ヵ国以上におよび、その完成度の高さに、欧米の年金基金、投資顧問会社から高い評価を得ています。

日本では1997年に年金業務に本格的に参入し、特化型運用商品を中心に、年金基金、変額年金に実績を重ねてきています。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

新光ピクテ世界インカム株式って何?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

新光ピクテ世界インカム株式とは、世界各国の公益株(電力、ガス、水道、通信、運輸、廃棄物処理、石油供給など)を主要投資対象とし、配当利回りの比較的高い公益株への投資により、株価上昇による長期的な収益獲得を狙う投資信託で、正式名称を『新光ピクテ世界インカム株式ファンド(毎月決算型)』と言います。

新光ピクテ世界インカム株式の投資比率約70%の『グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド』は一定の範囲内で新興国にも投資し、また投資比率約30%の『ピクテ・グローバル公益株ファンド』は先進国のみに投資します。

新光ピクテ世界インカム株式は、上記2つのファンドで構成される国際株式日本含むグローバル型の追加型株式投信(ファンド・オブ・ファンズ)です。

新光ピクテ世界インカム株式は、毎月15日に決算を行い、安定した収益分配を目指し、そして毎年6月と12月の決算時には、運用動向や基準価額水準等を考慮し、ファンドの評価益等も含めて分配を行なうことを目標とします。

新光ピクテ世界インカム株式は、投資信託証券への投資には制限はなく、投資信託証券および短期金融商品以外には投資しません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム(株)ファンドについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム(株)ファンドとは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム(株)ファンドの特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
  を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
  分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム(株)ファンドが投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム(株)ファンドは好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム(株)ファンドは、購入手数料が高額なので、長期の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテメジャープレイヤーズファンドとは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテメジャープレイヤーズファンドとは、親投資信託受益証券(ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・マザーファンド受益証券)への投資を通じて、特定の銘柄、国、通貨に集中せずに分散投資をする、追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)です。

ピクテメジャープレイヤーズファンドは、世界のメジャー・プレイヤー企業の株式を主な投資対象とします。

このメジャープレイヤー企業とは、世界的にブランド名が知られ、強力なマーケティング・販売網を構築していることにより、高い競争的優位性を持つ企業です。

ピクテメジャープレイヤーズファンドは、ファミリーファンド方式でピクテ投信投資顧問株式会社が運用します。

ピクテメジャープレイヤーズファンドが投資対象としているメジャー・プレイヤー企業は、世界的にブランド名が知られているため消費者に「安心感」を与えることができ、商品やサービスが消費者に受け入れられやすいというメリットがあります。

ピクテメジャープレイヤーズファンドは、毎年1月、4月、7月、10月の各10日に決算をし、収益分配方針に基づいて収益の分配を行い、そして信託期間は無期限です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテ好配当世界公共株ファンドについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテ好配当世界公共株ファンドとは。主に世界の電力、ガス、水道等の高配当利回り公共株を投資対象とするルクセンブルグ籍オープンエンド契約型外国投資信託です。

ピクテ好配当世界公共株ファンドは、ピクテグローバルセレクションファンドが有する8つのサブファンドの中の一つで、他には、日興ピクテ・グローバル・グローイング・マーケット・ファンド、ヨーロピアン・ポンド・ファンド、ユーロ・キャッシュ・ファンド、グローバル・ユーティリティーズ・エクイティー・ファンド、グローバル・インカム・ストック・ファンド、グローバル・エマージング・ソブリン・ファンド、グローバル・ハイ・イールド・エマージング・エクイティーズ・ファンドの七つがあります。

ピクテ好配当世界公共株ファンドは、米ドル建てで、世界の国、通貨、銘柄に幅広く分散投資します。

ピクテ好配当世界公共株ファンドは、先進国以外に新興諸国にも投資し、運用はピクテ・アセット・マネジメントUKリミテッドが行います。

ピクテ好配当世界公共株ファンドは、毎月の決算日には安定分配を目指し、そして、毎年6月と12月の決算日には純資産価格の水準を勘案し、分配金を上乗せする場合があります。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテ七十七は何のこと?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテ七十七のピクテとは『ピクテ投信投資顧問株式会社』の投資信託の事です。

七十七は仙台市に本店を置く『株式会社七十七(しちじゅうしち)銀行』(創業明治11年)の事です。

つまり、ピクテ七十七とは、七十七銀行で扱っているピクテ投信投資顧問株式会社の投資信託の事をさしています。

ピクテ七十七には、『ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンド(3ヵ月決算型)』と『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』の二つがあります。

このピクテ七十七のうちの一つの『ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンド(3ヵ月決算型)』は、世界のメジャー・プレイヤー企業の株式を主な投資対象とします。

特定の銘柄、国、通貨に集中せず分散投資をするファミリーファンド方式で運用を行う追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)です。

そしてもう一つのピクテ七十七の『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』は、世界の高配当利回りの公益株(電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給などの公益企業が発行する株式)を主な投資対象とし、
特定の銘柄や国に集中せず分散投資をする追加型株式投資信託/ファンド・オブ・ファンズです。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバル株式とは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバル株式とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバル株式の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
  を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
  分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバル株式が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバル株式は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバル株式は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルバランスオープンとは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

グローバルバランスオープンとは、マザーファンドへの投資を通じて、日本を含む世界各国の株式および公社債へ投資し、長期的に信託財産の安定的な成長を目指すファミリーファンド方式の追加型株式投資信託/バランス型です。

ピクテグローバルバランスオープンは、世界の経済、金融環境を分析し、ポートフォリオ全体の株式、公社債、短期金融市場への投資比率を決定します。

ピクテグローバルバランスオープンの国別投資配分は、株式については企業業績や市場に流入する余剰マネーの分析を行って割安な国へ重点配分し、公社債については、金利低下の期待できる国へ重点配分します。

また、銘柄選択では、株式については、充分な企業分析を行って、割安な成長株を厳選し、公社債については、流動性を考慮し、指標性のある銘柄を選別します。

ピクテグローバルバランスオープンは、年2回(4月/10月の各20日)の決算時に基準価額の水準等を勘案して分配し、信託期間は無期限です。

ピクテグローバルバランスオープンは、
実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム株式f毎月分配について

ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム株式f毎月分配とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム株式f毎月分配の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム株式f毎月分配が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム株式f毎月分配は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム株式f毎月分配は、購入手数料が高額なので、長期の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム株式毎月決算型について

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム株式毎月決算型とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム株式毎月決算型の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム株式毎月決算型が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム株式毎月決算型は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム株式毎月決算型は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム株式会社ファンドとは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム株式会社ファンドとは
世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム株式会社ファンドの特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム株式会社ファンドが投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム株式会社ファンドは好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバル株式会社ファンドは、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム株をみてみよう

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム株とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム株の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム株が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム株は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム株は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバル株式とは何か?


高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバル株式とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバル株式の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバル株式が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグロー株式は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバル株式は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)

ピクテグローバルインカム分配金とは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム分配金とは、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドが生み出した収益を投資家に分配する金額のことをいいます。

ピクテグローバルインカム分配金は、毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、分配金を付加することがあります。

そのピクテグローバルインカム分配金には、配当等収益(インカムゲイン)と売買損益・評価損益(キャピタルゲイン)を合わせ、そこから経費を除いたものがあてられます。

また、追加型株式投資信託であるピクテグローバルインカム分配金には「普通分配金(課税対象)」と「特別分配金(非課税)」の区分があります。

ピクテグローバルインカム分配金内の特別分配金は、分配金支払い時に、分配落ち(分配金支払い分だけ値下がること)後の基準価額が分配落ち前のそれぞれの投資家の個別元本を下回った場合、その下回った差額部分のことを指し、この特別分配金の額は個別元本から控除されます。

そして、ピクテグローバルインカム分配金の普通分配金は、支払われる分配金から特別分配金を差し引いた残りの部分をさします。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

スルガ銀行ピクテについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

スルガ銀行ピクテとは、スルガ銀行で扱っていて、ピクテ投信投資顧問株式会社が運用する投資信託の事を指します。

現在スルガ銀行で扱っているスルガ銀行ピクテは、『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)』、『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』の2種類です。

スルガ銀行ピクテのひとつの『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)』は、成長力のある世界のプレミアム・ブランド企業の株式を主な投資対象とします。

もうひとつのスルガ銀行ピクテの『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』は、世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)を投資対象とします。

これらスルガ銀行ピクテは二つとも、特定の銘柄、国、通貨に集中せず、世界の通貨、銘柄に分散投資します。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

群馬銀行ピクテとは?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

群馬銀行ピクテとは、群馬銀行で扱っていて、ピクテ投信投資顧問株式会社が運用する投資信託の事を指しますが、

現在群馬銀行で扱っている群馬銀行ピクテは、『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)』、『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』、『ピクテ・インカム・コレクション・ファンド(毎月分配型) (愛称 : インカム・コレクション)』の3種類です。

群馬銀行ピクテのひとつの『ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)』は、成長力のある世界のプレミアム・ブランド企業の株式を主な投資対象とします。

『ピクテグローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』は、世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)を投資対象とします。

もう一つの群馬銀行ピクテの『ピクテ・インカム・コレクション・ファンド(毎月分配型) (愛称 : インカム・コレクション)』は、世界の高配当利回りの資産株と、世界のソブリン債券を投資対象とします。

これらの群馬銀行ピクテは全て、特定の銘柄、国、通貨に集中せず、世界の通貨、銘柄に分散投資します。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。