ピクテグローバルインカム株式ファンド稼ぐ投資術

ピクテグローバルファンドとユーロリスク

ピクテグローバルファンドへのユーロリスクへの
影響はどうなんでしょうか?

これは間違いなく、確実にリスクとして
ファンド価格の下落となっています。

またピクテグローバル株式ファンドなどで
毎月分配のファンドと言うのは、大して運用利回りがないはずなのに

それ以上の分配金が支払えているカラクリは

実は自分が投資したファンドの積み上げ金を取り崩して
配当を行っているので、ファンドの価格も下がって行くという訳です。

しかも、配当時には国に税金で配当金の10%が搾取されているので

自分で投資したで自らのお金を取り崩して
配当を貰って、その配当金から10%国に搾取されるという
ある意味で凄い仕組みになってます。

自分で貯金したお金を貯金箱から
少しずつお金を引き出すのだけど

その時は、100円を引き出すのに90円に
自動的になってしまうというわけ・・・

いや〜、毎月分配って本当に恐ろしいシステムですね。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの毎月分配金が増加しました!

ピクテ投信は、2010年4月12日に
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの毎月分配金を
増加させる事を発表しました。

毎月30円から50円に引き上げることを発表しました。
4月からの適用となります。

なぜピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの分配金を増加させたのか?

それは当ファンドの投資対象としている世界高配当公益株の配当利回りが
過去に比べて高くなっていること

またファンドの基準価格が2009年3月末から2010年3月末までで
21%も上昇しており、分配可能原資が充分に蓄積されている事などを
理由にしています。

ただこの背景には、基準価格に対しての分配金配当額に対して
他のファンドと比べて分配金が少ないという個人投資家のファンド資金の流出を
食い止めるためとも言われています。

毎月分配のファンドと言えば、最近ではワールドリートのファンドなども
高い分配金を出しており、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの
毎月分配金の金額と比べてしまうと、どうも見劣りします。

これらの流れを受けて、毎月分配金を増加させざる得ない状況にも
あるとも言えるでしょう。

今後も高い配当を継続していくと予想されるピクテ・グローバル・インカム株式ファンドではありますが、今後の動きに注目したいですね。

ピクテインカム株式ファンドについて

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテインカム株式ファンドとは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテインカム株式ファンドの特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
  を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
  分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテインカム株式ファンドが投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテインカム株式ファンドは好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテインカム株式ファンドは、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバルインカム投資信託をみてみよう

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバルインカム投資信託とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバルインカム投資信託の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
   を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
   分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバルインカム投資信託が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバルインカム投資信託は好不況の波の影響が少ないことが利点です。

しかし、ピクテグローバルインカム投資信託は、購入手数料が高額なので、長期間の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ピクテグローバル投信はどう?

高利回りファンドに投資するならランキングで情報を集めよう!

ピクテグローバル投信とは、世界の公益株を投資対象とする追加型株式投資信託のことで、正式名称を『ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)』といいます。

ちなみに、インカム株式とは資産株と翻訳されており、配当利回りが比較的高く成長性も期待できる長期保有に適した株式のことです。

ピクテグローバル投信の特徴は

1、 世界の公益株(電力、ガス、水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式)
  を投資対象とする

2、 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資

3、 毎月の収益の安定分配に加え、毎年3、6、9、12月の決算時には、
  分配金を付加することがある

等があげられ、

ピクテグローバル投信が投資対象としている公益企業は、他企業に比べ倒産の可能性が低く、生活に必要不可欠なもの(電気・ガス・水道など)を提供しているため、ピクテグローバル投信は好不況の波の影響が少ない事が利点です。

しかし、ピクテグローバル投信は、購入手数料が高額なので、長期の投資をせざるをえないため、短期的に利益を上げることはできません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。